熟年離婚 準備

熟年離婚の準備の方法

平成20年4月1日から年金分割の割合が、夫婦の合意なく、2分の1になることで、妻に有利に運ぶと期待されていた熟年離婚。しかし現実は甘くなく、別れたのち妻も夫もそれぞれ貧困に苦しむというケースが増えています。基本的に熟年離婚の際に発生するのはお金の問題です。

 

そこでお金の問題に絞って考えていきたいと思います。離婚においてあげられるお金の問題は年金分割、財産分与、慰謝料、婚姻費用の4つです。まずは年金分割。年金は3階まであります。1階は国民年金、2階は厚生年金や共済年金、3階は厚生年金基金などの企業年金となります。

 

妻がもらえるのは2階の厚生年金だけで、しかも結婚した日から離婚するまでの間しか分割されません。さらに平成20年4月1日より前は2分の1が上限で、割合はそれを下回ると考えたほうがいいでしょう。手始めに、夫の厚生年金の額を調べてください。ただし3階の厚生年金基金は対象になりませんので気を付けてください。

 

次は財産分割。婚姻中に取得した財産のことで、現金、有価証券(株式、債券、投資信託など)、不動産、自家用車、家財道具、会員権。あと住宅ローンや借金などのマイナスの財産も含まれます。ただし結婚前のそれぞれの財産、親族からの贈与・相続、日常的に利用している衣類などは対象外です。ここで問題になるのは夫の合意が得られるか、になります。

 

お互い合意の上なら2人で築いてきた財産をリストアップして半分に分けましょう。ただしお金をどのように分けるかを文書化してください。あとから気が変わって払いたくなくなり、水掛け論になることもあるからです。一方、合意が得られない場合は調停などで話し合いになります。それでも合意が得られない場合は裁判を起こすことになります。

 

ただし調停はあまりお金がかかりませんが、裁判になるとお金がかかります。裁判が長引くなどしたせいで貧乏な生活を送るはめに、なんてことも結構あるので、離婚にかかるお金についてあらかじめ調べておくことが必要です。続いて慰謝料ですが、これは一方的に相手を傷つけた場合のみとなります。不倫、浮気(継続的な性的関係が必要)、DV(身体的暴力)モラルハラスメント(言葉・精神的暴力)、悪意の遺棄(金銭を渡さない、家から追い出す、同居しないなど)、セックスレスが原因の場合に請求が可能です。どれにしても写真、日記、メモなどの客観的証拠が必要ですので離婚するには証拠を集めるための準備が必要です。

 

最後に婚姻費用。これは別居している間の生活費になります。正確には婚姻費用の請求をした時から離婚もしくは再度同居までの間、なので別居したらすぐに請求してください。このように離婚とそれにかかわるお金についていろいろお話してきましたが、結局のところ、離婚後の生活設計ができるか否か、に尽きると思います。感情的になっている場合は、近くにある図書館やネットカフェなどで離婚に関する情報を集める、というのも冷静になるための一手でしょう。とにかく「考える」ということをあきらめないことが大切なのです。

 

 

熟年離婚したい人の事例

 

子どもも独立したのでそろそろ離婚を考えています。あと5年で主人が退職します。5年我慢して、主人が退職したとたんに離婚をするつもりです。財産分与を主張するつもりです。
浮気・DVが理由ではありません。つまらないのです。けちな主人と一緒にいるのが嫌になりました。会社に借金するのが嫌だと言って家は持ちませんでした。ずっと主人の実家の近くの賃貸マンションに住んでいます。
最近、退職後は主人の実家の敷地内に小さな家を建てるつもりだと主人が言っています。主人は次男で長男は遠方に住んでいます。財産分けで母屋の前の駐車場と庭に当たる部分をもらい、その場所に退職金で家を建てるつもりだと言っているのです。
将来は義兄が実家に帰ってきて母屋に住むかもしれません。それまでは、年取った親の介護一切が私にかかってくるようです。
なんだか全てが私抜きで決まっているようで嫌になりました。もういい加減にしてほしいです。そろそろ家政婦は退職しようと思います。
新婚旅行にも行かず、一度も旅行なんか連れて行ってもらっていません。楽しい思い出は子どもといっしょにいた時間だけです。これから年老いた親の面倒を見ながら、刑務所のような家にいるのは耐えられません。
子どもが独立したので、もう何も心配はありません。なんとなく、過ごしてきた毎日でしたが、主人との思い出はほとんどありません。なんだか、欠落しているような不思議な気持ちです。子どもを育てるためにいっしょにいただけ、こんなに長い間いっしょにいたはずなのに、存在自体をわすれてしまうくらいどうでもいい存在です。ただただ、つまらないのです。
離婚したあとの人生を考えると、あれもしたい、これもしたいとわくわくします。

 

円満離婚の仕方